ウレタン防水とシート防水|住宅の資産価値を守るための雨漏り修理│修理を早急に行なう必要性
メンズ

住宅の資産価値を守るための雨漏り修理│修理を早急に行なう必要性

ウレタン防水とシート防水

作業員

住宅の防水性を高めるためには、定期的に補修工事を施すことが求められます。特にメンテナンスが重要となるのが、屋根や外壁といった場所になります。塗料の種類も数多くあり、それぞれ効果や費用は異なるのです。特に次世代塗料とされているフッ素塗料は、防水性・防汚性共に優れた効果を発揮する塗料であるため、補修工事の際に使用する住宅が増えています。
その他で防水対策が重要となる場所が、ベランダやバルコニーです。屋根や外壁と違ってベランダやバルコニーの補修工事は、工法の内容が大きく異なります。一般的に施工されているウレタン防水は、付着性の良さを活かして複雑な形状のベランダでも、隅々まで塗布できるのです。耐用年数も10年と長いため、メンテナンスにかかる手間が省けるメリットもあるのです。しかし、ウレタン防水は職人の手によって手作業で塗布していく必要があるため、多少のムラは出来てしまうデメリットがあります。美観性を損ねたくないという人は、他の工法を検討されてもいいでしょう。
防水工事の工期を短くしたいという方は、シート防水がおすすめです。塩ビシートを接着剤で貼り付ける工法であるため1~2日程度で工事は完了します。また、工費も安く済むため、補修工事にかかる費用を削減する効果があります。ベランダやバルコニーは鳥害が発生しやすい場所でもありますが、シート防水は鳥害にも高い効果を発揮するとされているのです。耐用年数も13年と長く、ウレタン防水同様に人気が高い工法です。