男女

住宅の資産価値を守るための雨漏り修理│修理を早急に行なう必要性

雨漏りの原因とは

一軒家

雨漏りは様々な要因によって引き起こされます。特に劣化による雨漏りは、住宅に長く住み続けるためにも早急に対処することが求められます。ここでは雨漏りが起きる原因について解説します。

読んでみよう

住宅構造を見直す

屋根

近年では、個性的なデザインの住宅が数多く立ち並んでおり、高津区でも例外ではありません。しかし、軒といった住宅構造がしっかり設備されていない住宅では、雨漏りといった被害を引き起こす恐れがあるのです。

読んでみよう

ウレタン防水とシート防水

作業員

屋根や外壁同様に、ベランダも防水対策を怠ってならない場所の1つです。ここでは一般的に施工されているウレタン防水とシート防水についてお教えします。防水工事を検討する際の参考にしてください。

読んでみよう

シロアリに要注意

メンズ

雨漏り被害の初期段階は住宅内部で起きていることが多く、目視等では発見することができません。よく見られるシミやカビといった症状は二次被害とされており、発見次第早急に雨漏り修理を依頼する必要があります。雨漏り修理を先延ばしにしてしまうと、木材が腐食してしまいアレルギーや喘息といった症状を引き起こす恐れがあるのです。腐朽菌が発生したことで、住宅の耐久性を低下させてしまうケースもあるため、甚大な被害が懸念されているのです。
柱や木材の腐食で最も恐ろしいのが、シロアリの発生とされています。腐朽菌により柔らかくなった木材は、シロアリの好物であるため営巣環境として非常に適しているのです。シロアリは木材以外の、断熱材やビニールなども食べてしまいます。電線ケーブルのビニール部分が食べられることで、漏電といったトラブルが起こると火災リスクも非常に高まってしまうのです。
早急に雨漏り修理を施すことは住宅の保全だけではなく、修繕費用の節約にも繋がります。少しでも異変に気付いたら、雨漏り修理業者に現地調査を依頼するようにしましょう。現地調査を行なうことで、被害箇所が明確になるだけではなく、修繕にかかる費用見積もりも一緒に出してもらえます。また、修繕費用には火災保険が適用されるケースもありますので、現地調査の際に併せて質問してみると良いでしょう。今後、住宅を売却する予定がある人は、資産価値を下落させないためにも適切に対処することが求められるのです。